特売 書短冊 茶道具 画賛 賛直筆 「山寒花発遅」寒牡丹(かんぼたん)絵、有馬頼底-書

特売 書短冊 茶道具 画賛 賛直筆 「山寒花発遅」寒牡丹(かんぼたん)絵、有馬頼底-書

新着コメント


■在庫のない場合、お申し込後、納品迄、
 2~3週間程度ご猶予をお願いする場合がございます。
■作品は、それぞれ直筆逸品物のため、
 仕上がりが多少異なる場合があります、予めご了承下さい。

■短冊 画賛 「山寒花発遅」
 寒牡丹(かんぼたん)絵  有馬頼底 賛直筆
分類茶道具   r-m2-tan-ga-yama-botan-raitei
-----------------------------------------------
【 山寒花発遅 】

(やまさむうして はなのひらくこと おそし)

山里の冬は長く、春の訪れは遅い。

人々に生きる慶びを与えられるような在り方は、
長く厳寒・風雪に耐えた分、
一気に開花する北国の春のように、
大器は晩成だという意味。

「花のひらくこと」は
厳しい修業の果てにたどりつく
「悟り」を意味する。
筆者有馬頼底 老大師
筆者略歴■号 大龍窟

臨済宗 相國寺派 七代管長、

金閣寺(鹿苑寺)住職、
銀閣寺(慈照寺)住職、

京都仏教会 理事長、
日本文化芸術財団 理事。

■有馬頼底 老大師

久留米藩主 有馬家(赤松氏流)の子孫。
東京にて華族の家系に生まれ、天皇陛下のご学友となる。

8歳で大分県 日田市の岳林寺にて得度。
22歳で京都 相國寺に入門し、
相國寺にて禅僧として修行を重ねる。

古代から近代に至るまでの
墨蹟・茶道具・美術工芸品などに造詣が深く、

禅宗歴史美術を通じ、広く一般に布教活動を行っている。
寸法縦 36.2cm、 横 6.2cm。
備考畳紙(たとうし)付。

新品。
取扱品:茶道具 茶碗 美術工芸品 陶磁器 和の器 酒盃 抹茶 他
創業1946年 / 茶道具販売 卸売・小売部門 知事賞 受賞:佐藤大観堂



   ■トップページに戻り、他の作品を見る

1 / 612