超熱 アトレーヌ 防水用下地調整材 atomix atom アトミクス アトム 10kgセット-塗料缶・ペンキ

超熱 アトレーヌ 防水用下地調整材 atomix atom アトミクス アトム 10kgセット-塗料缶・ペンキ

新着コメント


■大きいサイズ(60kgセット)もございます。

 

防水材を塗布する前の下地調整は
防水材の仕上がりの良さに関係するほか
防水機能にも関わってくる重要な工程です。

アトレーヌ防水用下地調整材は
アスファルト・シート防水の糊跡との縁切りや
モルタル・コンクリートの肌荒れを修正し
仕上がりを向上させるための下地調整材です。


●下地の肌荒れ修正、アトレーヌ防水材シリーズの仕上げに最適です。
●既存防水材撤去後の雨養生を兼ねた一時的な防水効果があります
 (塗布量 1.0~2.0kg/平米の場合)。
●塗膜の乾燥、硬化が速い。
●アトレーヌ防水材シリーズをプライマーなしで直接塗布できます。

 

工程 塗料名 希釈剤 希釈率(%) 塗装間隔 塗装方法
1 下地処理 ゴミ、ホコリ、汚れなどを除去する
2 下地調整 アトレーヌ防水用下地調整材樹脂 水道水 200 60分 刷毛・ローラー
3 アトレーヌ防水用下地調整材 水道水 7.5~12.5※1 ※2 刷毛・ローラー・金鏝
4 防水材 アトレーヌ水性防水材、アトレーヌU-60、アトレーヌU-60スーパー
5 トップコート (塗布した防水塗料用のトップコート)

※1 水の配合は、気温・下地の状況などによって異なります。下↓の「使用方法」を参考にして下さい。
※2 使用する防水材によって塗布間隔が異なります。
 アトレーヌ水性防水材は16時間以上。アトレーヌU-60やアトレーヌU-60スーパーは、3日以上空けてから塗布して下さい。(23度時)

1、ピンホール止め
 アトレーヌ防水用下地調整材の樹脂を水道水で200%希釈し、塗布します。
 ※下地が旧塗膜などで吸い込みがない場合は、ピンホール止めの工程(上表の工程「2」)は不要です。

2、下地調整
 1)調合
 樹脂・骨材・水道水を配合通り秤量し、電動攪拌機を用いて混合して下さい。なお、水の配合量は気温・下地の状況などにより下記を目安に調整してください。
また、金鏝を使用される場合は、下表よりも減らして下さい。

混合比 樹脂(3):骨材(7) 水道水
水配合量 5度 8%
23度 10%
30度 12.5%

 2)塗布
 混合した材料を刷毛・ローラー・金鏝で平滑に仕上げて下さい。標準施工仕様以上に厚付けした場合、表面にクラックが入る場合があります。その場合は、乾燥後に水の配合量を減らし、粘度を上げてペースト状にした材料で、刷り込むように塗布し、クラック部を補修してください。

 3)乾燥
 アトレーヌ水性防水材は16時間以上。アトレーヌU-60やアトレーヌU-60スーパーは、3日以上空けてから塗布して下さい。(23度時)
 アトレーヌ防水用下地調整材塗布後、プライマー処理せずに防水材の塗布が可能です。
 なお、アトレーヌ防水用下地調整材を重ね塗りする場合は、3時間以上空けて下さい(23度、1.0kg/平米塗布の場合)。


●10kgセットで、5~26平米塗装出来ます(水希釈量によって異なります)


●樹脂:3kg、骨材:7kg 合計:10kgセット


●アトミクス


1 / 612